電子タバコVAPEは禁煙のためのグッズとして利用されることがあります。主流はオシャレアイテムとしての色彩が濃い傾向があります。国内で販売されている電子タバコは、ニコチンが含有されていないために、喫煙者からすると刺激が少ないと感じられ、物足りないとの声が聞かれます。禁煙アイテムとして功を奏するのは、タバコ依存度が少ない方になります。禁煙時にありがちなイライラを紛らわすために、十分である必要があるためです。一気にタバコを止めると反動で禁煙を続けられなくなる可能性がありますので、電子タバコを併用しつつタバコの本数を減らすようにしていくと良いでしょう。リキッドの種類を楽しめるようになってくると、タバコの本数を減らすことに抵抗がなくなってきます。そうなってくると、VAPEの楽してを感じつつ、最終的にはタバコを止めることができます。

VAPEの基本を知っておこう

VAPEとは電子タバコと呼ばれる嗜好品の一つの名称です。海外で人気沸騰中であり、すでに若者の間ではカルチャーが形成されています。ファッションアイテムとして、自分表現のツールでもあります。多様な楽しみ方を提案しつつ、他の楽しんでいる姿がネット上のメディアから伺い知ることができます。国内でもVAPEを購入することができます。基本的な構造は、本体とカートリッジの2つに大別され、アトマイザーと呼ばれるパーツにリキッドが注入されています。電源を入れることで、内蔵されているコイルで熱せられたリキッドが水蒸気となりますかた、これを吸って楽しむといったスタイルが基本です。タバコと違って副流煙などの、有害な物質が外に漏れないため、周囲への迷惑も最小限に済むという安心感があります。ニコチンが含まれているものは、海外製となりますが、健康被害が報じられていますのでお勧めできません。

未成年者のVAPEの使用と販売は自粛

電子タバコVAPEは、タバコとは違って有害物質が周囲に出て行かないといったメリットがあります。副流煙による健康被害がありませんので、禁煙エリアでの使用も問題ないように思えます。実施、法整備もまだ完全に進んでおらず、特別に規制されているわけではありません。急激に普及したことが原因となっています。電子タバコとはいっても、タバコを吸っているように見えますので、事情を知らない人に誤認されかねません。無用のトラブルを招きかねませんので注意が必要です。また、未成年者についても同様であり、法律による規制があるわけではありません。しかし、ニコチン以外の有害物質が含まれていないことの保証がされているわけでもありませんので、未成年者が使用することは望ましくありません。現状は販売者側が自主規制という形で、未成年者へは販売しないことにしているのが一般的です。